顧客のニーズに寄り添う南大阪のリフォーム会社を利用しよう

SITEMAP

理想のリビング

立ち座りを楽にするリフォーム

シンプルな部屋

我が家では、85歳の父と83歳の母が共に暮らしています。幸いなことに、2人とも大病もせず元気に暮らしているのですが、少しずつ足腰が弱ってきたみたいで、最近「立ち座りがしんどい」と2人揃って話すようになりました。
そこで、夫と相談して南大阪にある我が家の浴室、トイレ、玄関にそれぞれ手すりを付けることにしました。いくつかのリフォーム業者のホームページを見たり、見積もりを取ったりしながら比較検討し、最終的に介護リフォームを数多く施工しているリフォーム業者にお願いすることになりました。玄関、浴室、トイレそれぞれに、L字型の手すりを設置し、南大阪での生活が再開した初日。父が浴室で「これで安心して風呂に入れる。」と言ってくれて、リフォームして良かったなと、心から思いました。
南大阪にある我が家の場合は該当しなかったのですが、介護リフォームの場合、介護保険を申請し、要介護認定を受けた方が住む住居で、一定の要件を満たしたリフォームであれば、工事費用が最大で20万円、9割まで行政が費用負担してくれる制度や、各自治体ごとに様々な制度を設けている場合があるようなので、各自で調べてみると良いかもしれません。両親のための介護リフォーム、大成功でした。

Choices Contents

TOP